AV女優はデリヘルで働いているケースが多い理由

デリヘルでは実はAV女優経験者が働いているケースが多いのですが、AVプロダクションの関係でAV女優名を名乗れないんですね。

*

実はAV女優のほとんどがデリヘルで働いていた

AV撮影って1回で数十万円のギャラとか貰えるだろうから、デリヘルなんかじゃ割りに逢わないんじゃない?

大体、こんな感じの疑問を皆さん持つのではないでしょうか。
事実は小説よりも奇なりという程に、AV女優だけで食べていけないのが現実だったりします。
例えば、極上の美少女が大手AV会社によって、ピン撮影(女優は一人だけ)をしたとします、内容はノーマルでDVDでは新人としてパッケージされて普通にネットや怪しい本屋さんで並んでいる正規販売のDVDとしますよね。
1~2日でDVD3本分の撮影を行い、初回タイトル発売から三ヶ月後に次回作品、その三ヵ月後にまた3作目が発売となります。
さて、この極上の美人は一体どれだけの収益を貰っているのでしょうか?
答えはこの1~2日の撮影料金として30万円程度というのが現実的な話です。

ちょっとスケベな男性なら誰でも知っている有名なAV女優って一体何人いると思いますか?
そこまで有名なAV女優ならば1回の撮影で50万~70万円という高額なギャラを得られますが、毎日数本は発売されるAVの新作でどれだけ有名な女の子がいるのでしょうか。。。
スカウトマンは数十万円と説明しますが、それはDVDを製作する全ての人件費とか経費や製作料金を混みでの話です。
ほんの小さなファッションタトゥでもあればピン撮影でのパッケージングは断られてしまうほどピンでのAV女優って結構厳しいんです。
では、DVDではなくネット配信のみのAV女優だと、ピン出演で5万円、複数名の女性が出演するものだと1~3万円程度が実際女の子が貰えるギャラだったりするんですよ。
仮にスカウトなどは一切通さずに大手AV会社と直で契約していると、1絡み撮影でも7万円も貰えたらかなりいいほうです。
(1絡みとは1回という意味ではなく、1本分のシーンという意味です)
そして撮影依頼もそんな頻繁には来ません、つまりAV女優だけで食べていけるなんて全国でも数人というレベルです。

一般のデリヘル店でこのAV女優経験者は皆さん働いているのですが、AV女優名はAV撮影会社のプロダクションの許可がいるだけに名乗れません。そしてAV女優として宣伝してしまうとお客さんも求めるプレイ内容がかなりマニアックになってしまい体力的にもいろいろと割が合わないのが現状です。だからデリヘル店の店長とかにもAV経験者なんですとは話しませんw
だって、デリヘルのお客さんが顔射とか希望されたら化粧とか手入れとかいろいろと面倒だし、金額的にも時間的にも割が合いませんもんね(笑
是非一度お相手したいAV嬢をデリヘルで探すならデリノートが見つけやすいです。

公開日:
最終更新日:2016/11/14